いわてアートプロジェクト

  • twitter
  • google
  • facebook

ART

アート

2022特別展「Mute」(ミュート)9/17~9/30

盛岡城本丸の面影を唯一、今に伝える貴重な建物である「徳清」と、盛岡で最も古い洋風建築の「旧石井県令邸」。この二つの建物を会場に、新進作家の作品を展示する「Mute」(ミュート)を9月17日から30日まで開催いたします。

和と洋、歴史ある建築と若い才能、アートと文学、それらの対比とコラボレーションを主軸とした本展は、盛岡の歴史と文化芸術を楽しむ絶好の機会。初秋の盛岡を散策しながら、ぜひこの展示を楽しんではいかがでしょうか。

第一会場となる徳清は、私邸ということから一般客が入ることはなかなか叶わない、盛岡市の景観重要建造物。今回は、この会場に現代アーティストとして年々評価が高まる尾崎森平の新作を含む絵画10点余を展示し、そこに盛岡在住の作家、南海遊の小説がコラボレートします。

一方の旧石井県令邸では、2011年よりアートによる復興支援活動を行い、NHK大河ドラマや連続テレビ小説などの美術も手がける長友心平の彩り豊かな作品に、南海遊の物語が語られる趣向。
尾崎の創り出す静寂な世界と、長友の色彩溢れる世界の対比も、本展示の見どころの一つとなっています。

■ 徳 清
現代アート 尾崎 森平
小 説   南海 遊

■ 旧石井県令邸
画  長友 心平
物語 南海 遊

いわてアートプロジェクト特別展Mute
入場券 1000円(税込1100円 2会場共通/会期中有効)

徳清会場
9/17(Sat)~30 (Fri)  休館日無し
平日  11:00~16:00  土日・祭 11:00~17:00
盛岡市仙北1丁目13-7 仙北町駅から徒歩5分
※駐車場はありません

旧石井県令邸会場
9/17(Sat)~30 (Fri)  休館日無し
平日 11:00~16:00  土日・祭 11:00~17:00
盛岡市清水町7-51 バス浅岸線「下ノ橋町」
下車徒歩5分
※駐車場はありません

■ 尾崎 森平(おざきしんぺい) 現代美術家
1987年 仙台市生まれ 。
岩手大学教育学部芸術文化課程造形コース 卒業。
現代の東北の景色から立ち現れる神話や歴史的事象との共振を描く。
2016年「VOCA 2016現代美術の展望ー新しい平面の作家たち 」大原美術館賞 。平成27年度 岩手県美術選奨

 「Stray Cow(Io listening to the silence)」アクリル,キャンバス(90.0×111.0×3.2cm)

■ 長友 心平(ながとも しんぺい) アーティスト
1977年 鹿児島県生まれ、東京在住。
佐賀大学文化教育学部美術工芸課程卒業。
在学中自転車によるスケッチ日本縦断満了。豊かな色彩や抒情的なトーンにて鎮魂の祈りを描く作風。
2011年東日本大震災よりアートによる復興支援活動。NHK大河ドラマや連続テレビ小説などの美術も手がける。

「樹々の揺らぎ」アクリル画 F8号(2022年)
■ 南海 遊(みなみ あそゔ ) 小説家

1986年 秋田県生まれ、盛岡市在住。
2018年に第24回星海社FICTIONS新人賞を受賞。
翌2019年に受賞作『傭兵と小説家(星海社)』でデビュー。
米文学を下敷きにしたどことなく翻訳調に似た文体と、救済をテーマにした作風が特徴。
現在は『ra kra(川口印刷工業)』にて連作小説『潮風の速さはどれくらい』を連載中。

 

■ 主催:特定非営利活動法人 岩手未来機構
(いわてアートプロジェクト実行委員会)

協力:盛岡市文化国際課
助成:(公財)朝日新聞文化財団
岩手県「令和4年度岩手県NPO等による復興支援事業」
後援:盛岡市 岩手日報社 NHK盛岡放送局 IBC岩手放送 テレビ岩手 めんこいテレビ
岩手朝日テレビ 盛岡タイムス社 FM岩手 ラヂオ・もりおか 岩手ケーブルテレビジョン
朝日新聞盛岡総局 毎日新聞盛岡支局 読売新聞盛岡支局 街・もりおか

■ お問い合わせ
NPO法人岩手未来機構  019-613-7781
Mail: iwatemiraikiko@lime.ocn.ne.jp
盛岡市長田町6-16

トップへボタン