いわてアートプロジェクト

  • twitter
  • google
  • facebook

ART

アート

【予告】 妖怪茶会 開催

南部藩の元勘定奉行屋敷を会場に、中秋の名月の夜、美しい妖の世界を楽しんでいただく催し「妖怪茶会」を、本年も開催いたします。

期日 令和3年  9月21日 22日

場所 徳清倉庫(サムライハウス:盛岡市仙北町)

チケット 7月~8月に詳細をアップいたします

第1回の妖怪茶会は、一昨年開催されました。その時の様子をご覧くださいませ。

開場では燭台を持って、屋敷内をお回りいただきます。
日本画家、笹本正明氏の作品が床の間を飾ります。
中央の作品は、松浦シオリ氏作「浮魚」
森天飛 氏作「生まれる前からずっと流れているもの」
「鵺」の謡を合図に、ゲストの小説家 平谷美樹先生を迎え、怪奇談をお話しいただきました。
後ろの人魚が、平谷先生のお話に微かに笑っていた、との目撃情報も。。。
奥州市の名刹、正法寺様からお貸しいただいた「飛龍観音図」。本物は、出せばたちまち雨が降るという七不思議の掛け軸です。
同じく正法寺様から”ぶんぶく茶釜”と、その掛け軸もお貸しいただきました。会の終わりには、そっくりの狸がお庭に現れ、会場は騒然。
入るとすぐに華やかな 松浦シオリ氏「降声」(左)「梅の香」(右)の作品がお客様を出迎えます。
漫画家 ちさかあや氏「狂斎」の部屋のしつらえ
   
左:百瀬靖子氏の作品「一如」 右:Everett Kennedy Brown氏の作品
さて、今年の趣向は、果たしてどうなるのでしょうか。
どうぞ 楽しみにお待ちくださいませ。
トップへボタン